イーサリアムが普及したら、未来はどうなる??

投機筋の動きが強く、値段ばかりに注目が集まり、イーサリアム普及後の社会について言及されていません。私はどんな未来がくるかの方が気になります。トークンの送受信が個人間で早く処理され、契約情報が書き込まれる、そんな未来はどうなってしまうのか。新しい決済・ICO等が軌道にのれば、既存の社会はどのように変わっていくのか。勝手に妄想を膨らまして綴りたいと思います!※これからは一個人の勝手な妄想です。

ペーパーレスが加速する!!
まず1つ容易に想像できるのが、紙媒体の契約書・必要書類が激減するという未来。最近では、クラウド上に保管し以前よりもペーパーレスな社会になってきています。それにますます拍車がかかります。離婚時には財産を二分する。マンションの解約時にはいくら支払う。こういった取り決め(契約)が全て書類上ではなく、チェーン上(ブロックチェーン)で管理できるようになるため、第三者(弁護士・税理士・仲介人etc….)の活躍の場も比例して激減すると思われます。構図としては、必要書類はクラウド上に、契約書類はチェーン上に。こんな感じでしょうか。

個人の選択肢が圧倒的に広がる!!
ここでいう選択肢とは、職業選択のことです。タレント・映画監督・プロデューサー・歌手・画家・評論家・写真家・・・あげればきりがないですが、憧れの職業に誰でもなることができる未来は、そう遠くはありません。現代社会で歌手を目指すことを想像してみましょう。どんなに歌が上手くても、プロデューサーや業界関係者の目にとまらない限り、事務所との契約を勝ち取り、デビューすることはできません。そこにいくまでには、歌以外のルックス・オーラ・人間性も評価されなければ厳しいでしょう。これからは、そもそもの事務所という概念がなくなります。自作の映画を、プラットフォーム上にアップします。気に入ってくれた人からトークンを受け取ります。映画をつくって対価をもらう、これは映画監督です。同様に他のジャンルでも、これから分散型プラットフォーム(Peer to Peer)が乱立すると思います。実際すでに、ICOで数多くのプロジェクトが資金調達済みです。注目です!

ポジションを売れる!!
これは株式投資をテーマにした妄想です。安く買って高く売る。鉄則ですね。安く買ったポジションを売ることが可能になるんじゃないかと思ってます。所有権の転移ともいえますね。経験のある人は、大胆にポジションを取る難しさがわかるはずです。安値でガッツリ資金を入れたポジションは、かなり価値があると思います。もちろん値上がりすればですが。。。(笑)損切りの概念も変わっていくと思います。高値で掴んだポジションを時価より高く売る方法が確立されたら、おもしろそうですね。需要と供給さえ一致すれば、売れないものはないですもんね。

ワンクリック詐欺が増える!?
契約が自動でスピーディーに実行される性質を悪用する動きも出てきそうですね。ボタンをクリックすればトークンを取られる的な。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海・船に囲まれた環境で育ち、高校進学と共に上京。大学在学中にリップルに出会うも、覇権を獲るのはイーサリアムだ!と確信し、2017年6月にブログをスタート!