イーサリアムでドラゴンを購入!?Etherionsを始めてみた!!

ドラゴンを育てるEtherionsとは??

イーサリアムのブロックチェーン上でドラゴンを育てるゲームアプリです。ERC720という規格のトークンを使用できるアプリケーションです。ERC720トークンとは、代替不可能なトークンをそう呼びます。要するに、オリジナリティを持つ、一点物のトークンを流通させることができるというのが肝です。このトークンが使用されるようになると、データ所持の証明であり、閲覧権、著作権etc…社会インフラがデジタル化される未来がグッッッッッッッと近づきます!!その個性を持つERC720トークンをゲームを応用したのがEtherionsです!!少し前にCryptoKittiesというアプリケーションが話題になり、知っている人も多いかと思います。育てた猫が250ETHで売買されたという事実もあります。日本円にすると、優に1000万円以上ということになりますね。。。仮想の猫なのに。。EtherionsはCryptoKittiesの3Dバージョンと思ってもらえれば大丈夫です。早速、私も愛着湧く世界に一体だけのMyドラゴンを育ててみようと思います!

 

ドラゴン購入!!

まず、ドラゴンを購入するところからスタートです。ホーム画面の卵をクリックすると、ドラゴンを購入する画面になります。

0.1ETHでFire Etherion Wheipを購入しました。約10,000円!?!?これを高いとみるか、安いとみるか。正直、この先どうなるかわからないドラゴンにしては高いという感覚が普通でしょう。しかし、dapps及びERC720に触れておく、いち早くイーサリアムに対する抵抗をなくすという意味では、いい勉強であり、トライする価値ありだと思います。育てたドラゴンが何倍の価値にもなって、売れる可能性ももちろんあります!そこは今後の盛り上がり、アップデート次第でしょう。自己投資と先行投資の両方を兼ね備えた買い物だと信じて、思い切って購入しました。Metamaskのwalletから指定のアドレスに0.1ETHを送信して、晴れて人生初ドラゴンのオーナーになりました!そして、何を思ったか、2匹入れば子供ができるかも!?と勝手に将来のアップデートを予測し、Indigo Etherion Whelp(0.12ETH)も購入しちゃいました〜。。。完全に勢い。。笑

Metamaskに登録
ドラゴンを購入するにはイーサリアムブラウザをGoogle Chromeに拡張する必要があるため、Metamaskでアカウントを作ることが必須となります。Etherionsに関わらず、Dappsを利用する際には必要になるので、登録しておくのが良い

 

ドラゴンと初対面


これは!!可愛すぎますね。買ってまもなく、早速愛着が湧いてきました。ちなみに後ろの卵をクリックすると、上のドラゴン購入ページへ移動します。とりあえず、エサをあげてみました。しばらく観察していると、生きているニワトリを殺したり、食べたり、、、好き放題やっていました。笑 こうしてドラゴンの満足度を高めて、成長へと繋げていく??どうやら、そんなゲームのようです。(探り探りやっていきます。)育てていくうちに、世界に一体だけの個性を持つドラゴンになると思うと、今から楽しみです。

さいごに

現段階では、ニワトリ(エサ)をあげるしか機能がありません。正直、これじゃなんにもできません。ただPC内の動くドラゴンを見つめるだけとは。。これから具体的な時期はわかりませんが、いくつもの機能が実装されながら、Dappsとして発展・開発されていくんだと思います。(もしくは、ドラゴンが生後すぐだから、できることがないだけ??)この辺は日を追うごとに、アップデートされることでしょう。されなきゃ困ります!笑 バトルエリアができたり、エサの種類が増えたり、他のユーザーの島へ遊びに行けたり、売買できるマーケットができたり、名前をつけれたり、、できるようになるはずです。開発者の目線からしても、Dapps内で一つの経済圏を作ることを目標に動くことになるでしょう。ゆる〜くドラゴン成長日誌でもアップしていきたいと思います!今更だけど、CryptoKittiesもやってみようかな〜なんて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

海・船に囲まれた環境で育ち、高校進学と共に上京。大学在学中にリップルに出会うも、覇権を獲るのはイーサリアムだ!と確信し、2017年6月にブログをスタート!